茶茶の間 Blog

初夏を呼びこむ新茶の香り
「清明」seimei

 

 
初夏の名前を持つ茶茶の間の新茶「清明」です。
      
丸子という海に近く温暖な気候の土地でつくられた静岡で一番早い露地で手摘みの新茶です。
      
新茶特有の甘い香りと味わいを楽しむことができます。
      
お茶は摘み取ってから二カ月もすると劇的に香りや味わいが変化していきます。はじめは感じやすい若葉の香りが落ち着いていき近藤早生特有のピーチやマンゴーを思わせるような甘い香りに移り変わっていきます。
      
茶葉が大き目でしっかりとしているために例年よりも落ち着いた味わいです。
      
季節を通して味わっていただくことで、ひとつのお茶が移り変わり完成していく様子を体感いただけます。
      
      
。。。。。。。。。。
 

      
茶茶の間の新茶
「清明 2018」
      
品種:近藤早生    
採取:手摘み
産地:静岡市駿河区丸子 
製法:蒸し
      
・50g‥2600円
・店内提供‥1400円

      
*価格は税別表記
 
 
。。。。。。。。。。
 
 
 

茶の間の新茶「清明 2018」
届きました

 

 
茶茶の間の今年の新茶が届きました。
本日より販売を開始しております。
      
今だけの香味をお楽しみください。
      
      
。。。。。。。。。。
      
茶茶の間の新茶
「清明 2018」
      
品種:近藤早生    
採取:手摘み
産地:静岡市駿河区丸子 
製法:蒸し
      
・50g‥2600円
・店内提供‥1400円
      
*価格は税別表記

。。。。。。。。。。
 
 
 

常滑に行ってまいりました。

 


 
 
先日、茶茶の間のソムリエ3人通称「お茶組」で常滑に行ってまいりました。
      
茶茶の間の急須を作ってくださっている職人さん達ににお会いして、お話を聞かせていただき、お仕事風景を見学させていただきました。
      
 
「私たちは職人だから」
     
「名前とかじゃなくて、目の前の”もの”をみていいと思って買ってもらえたら嬉しい」
 
     
何百個、いや何千個?何万個でしょうか
数え切れない数の急須を作り続けてきた職人さん達の言葉
     
そこからは確かな誇りと想いが詰まっていました。