茶茶の間 Blog

清明 初候 玄鳥至る

 

 
清明 初候
玄鳥至る(げんちょういたる)
      
本日は、七十二候の清明 末候、玄鳥至る
清明とはすべてのものが清らかで生き生きとする頃のこと。
      
生命が輝く季節、茶茶の間にとっては新茶の季節の到来です。
 
 
 

春分 末候
雷乃発声(かみなりこえをはっす)

 

 
3月の最終日の本日は、七十二候の末候、雷乃発声
春の訪れを告げる雷が鳴り始めるころ。恵の雨を呼ぶ兆しとしてよろこばれたそうです。
     
「雪の果 これより野山 大いに笑ふ」
高浜虚子
     
春が待ち遠しかったはずなんですが、冬の気配が消えてゆくのを感じると少し名残惜しく感じてしまいます。
  
暖かいお茶で寒さを緩めるひと時はまた来年のたのしみに。
 
 
 

さくらの日

 

 
今日は「さくらの日」だそうですね。
3×9(さくら)=27の語呂合せと、七十二候のひとつ「桜始開」が重なる時期であることから。
なるほど掛け算なんですね、と納得してしまいました(^^)
      
茶茶の間でもさくらに縁のあるお茶やスイーツが満開です。
美味しいお茶でお花見はいかがでしょうか