茶茶の間 Blog

“ワイングラス”で日本茶を♪

_2040220_w

クリスマスの一時。いつものお茶を少し特別に楽しむのはいかがでしょうか。

濃いめの冷茶を炭酸で割るスパークリングティーはお茶をシャンパンのように楽しめて、スペシャルな場にもピッタリです。

今年の茶茶の間スタッフのXmasケーキは、店主のたっての希望によりアイスケーキになりました(笑)
洋なしとカシスのアイスに合わせて「咲耶」のスパークリングティーを。フローラルな香気が特徴の咲耶はフルーツとの相性もバッチリです。
ぜひ美味しいお茶と共に素敵な聖夜を。。。^^

。。。。。。。。。。。

【茶recipe】アイスケーキに合わせて
*茶葉:「咲耶」5g(1人分)
①熱湯50ccを注いで1分ほどまつ
②氷を50ほどいれる(急須にはいるだけ)
③3分ほど待ち、ワイングラスに淹れる
④ワイングラスに炭酸50ccを注ぐ

。。。。。。。。。。。

【ご注意】
ご紹介している茶recipeの分量等はあくまで目安となりますので、お使いの茶葉やお好みに合わせてご調整ください

 

 

“ショートケーキ”と日本茶を♪

_2040191_w

イブの本日はクリスマスの定番「ショートケーキ」に合わせたお茶の淹れ方をご紹介させていただきます。

生クリームのケーキは、一緒に口に含んだ時に生クリームが溶けて、お茶の香味と合わさる様にお茶の温度は熱めがおすすめです。
そしてケーキの甘みに負けない様にお茶の味はしっかり出すのがポイントになります。
うちのお茶ですと、味わいがしっかり楽しめて香りも良い「菫青香」がぴったりです^^

。。。。。。。。。。。

【茶recipe】ショートケーキに合わせて
*茶葉:5g(1人分)
①冷水10ccを注いで3分ほどまつ
②熱湯100ccを注いで30秒程まって器に淹れる
※香りが楽しめる様に器は口が広いティーカップで。

。。。。。。。。。。。

【ご注意】
ご紹介している茶recipeの分量等はあくまで目安となりますので、お使いの茶葉やお好みに合わせてご調整ください

 

 

“クリスマスシュトレン”と日本茶を♪

_2040171_w

ドイツのお客様から本場”クリスマスシュトレン”が届きました!

丁度イブイブの本日は、クリスマスの定番「シュトレン」に合わせたお茶の淹れ方をご紹介します。
シュトレンは甘みと香りが強いので、お茶は香りがあって渋みもしっかりしたものがおすすめです。
うちのお茶だと「平安桜花」「睡蓮」「桃源郷」がピッタリ。
香りと渋みをだすために熱めのお湯でたっぷりとお楽しみください^^

 

。。。。。。。。。。。。。

【茶recipe】シュトレンに合わせて
*茶葉:5g(1人分)
①熱湯100ccで1分ほどまってセカンドポットに淹れる
②熱湯100ccですぐセカンドポットに注ぐ
③熱湯100ccですぐセカンドポットに注ぐ
※1、2、3煎をすべて混ぜるのがポイントです。器は口が広いティーカップで。

。。。。。。。。。。。。。