茶茶の間 Blog

【2019/12/12】
茶茶の間 アドベント茶カレンダー
CHACHANOMAADVENT TEA CALENDER 

 
《先日開催した冬茶会のメニューと共にお伝えします》
     
音楽とお茶の冬茶会 2019
■ 冬茶会品目_スイーツ      
ー「ダークチェリーのチーズケーキ と いちごソルベ」
 煎茶「あまかほり 」あわせ “ローシュ”の煎
 

    
   
◇ あまかほり
◇ 品種:おくひかり
◇ 採取:はさみ
◇ 産地:静岡県浜松市天竜区
◇つくり:蒸し
    
◆ AMAKAORI
◆ Tea cultivars:Okuhikari
◆ Picking:Machine picking 
◆ Tea grown region:Shizuoka
◆ Type:Sencha
     
 

     
チェリーの香りにフレッシュなお茶の香りが一体になるような優しい味わいで、チーズの後味もすっきりとまとめます。
爽やかな緑の品種の香りをしっかりとひきだすように熱湯で。
     
「とどまる渋みと広がり続ける香り」
天竜で作られたお茶はしっかりとした後味と残香があります。天竜の地で育つことで、いつまでも残る奥深い香りとしっかりとした渋みがのったお茶になりました。爽快感のある香りに、ほどよい渋みとやわらかい甘みが絡み合い、飲んでいて心地よくゆったりとできるお茶です。明るい水色にまろやかで優しい甘みが広がります。香りが良いため、中国緑茶のように熱湯で淹れてもおいしいお茶です。
    
↓あわせもの↓
ルーマニアでよく食べられるチェリーをたっぷり使用したチーズケーキです。とろりとした滑らかな口当たりは葛粉によるもの。
    
    
    
#茶茶の間アドベント茶カレンダー
#CHACHANOMA_ADVENT_TEA_CALENDER
#今年はアドベントカレンダーにあやかって茶茶の間のお茶をひとつずつご紹介します
#音楽とお茶の冬茶会
   
YAMAGUCHI

【2019/12/11】
茶茶の間 アドベント茶カレンダー
CHACHANOMAADVENT TEA CALENDER 

  
《先日開催した冬茶会のメニューと共にお伝えします》
     
音楽とお茶の冬茶会 2019
■ 冬茶会品目_スイーツ      
「コゾナック と キプフェル」
 ー 紅茶「ジュンチャバリ ホリデイブレンド2019 」あわせ
  “クラチウン フェリチット”の煎
  
  
    
◇ ジュンチャバリ ホリデイブレンド2019
◇ 品種:在来
◇ 採取:手摘み
◇ 産地:ネパール
◇つくり:紅茶
    
◆ JUN CHIYABARI Holiday Blend 2019
◆ Tea cultivars:Zairai
◆ Picking:Hand picking 
◆ Tea grown region:Nepai
◆ Type:Tea
  
  
     
コゾナックのクルミの味わいにウッディな余韻を。
キプフェルのジンジャーの香気に華やかな香りを。
サッと洗茶したお茶から熱湯で味わいを取り出して。
 

     
ネパールの山奥で栽培され、手摘みで仕上がられたお茶です。2018年と2017年のお茶を組み合わせて作った、この時期にちょうどいい華やかな香りと優しい味わいの紅茶です。
ふたつのお茶を合わせることで、華やかでしっかりとした味わいと、奥行きのある余韻を楽しめる紅茶に仕上げています。
 
 
   
↓あわせもの↓
「コゾナック」はルーマニア周辺の地域でクリスマスなどイベントで作られる甘いパン。くるみをココアと牛乳と砂糖と一緒にペースト状にしたものを練りこんでいます。
「キプフェル」は三日月型をした、なめらかな口溶けのビスケットです。オーストリアのウィーンが発祥ですが、現在はルーマニアでも、クリスマス・シーズンには欠かせない菓子となっています。
    
    
    
#茶茶の間アドベント茶カレンダー
#CHACHANOMA_ADVENT_TEA_CALENDER
#今年はアドベントカレンダーにあやかって茶茶の間のお茶をひとつずつご紹介します
#音楽とお茶の冬茶会
    
YAMAGUCHI

【2019/12/8】 茶茶の間 アドベント茶カレンダー
CHACHANOMAADVENT TEA CALENDER
 + 音楽とお茶の冬茶会 2019
CHACHANOMA WINTER TEA PARTY  

 
《先日開催した冬茶会のメニューと共にお伝えします》
 

    
◇ 煎茶:かぶせ茶 里の歌
◇ 品種:やぶきた
◇ 採取:ハサミ
◇ 産地:京都府南山城
◇つくり:かぶせ・蒸し
    
◆ Kabuse SATONOUTA
◆ Tea cultivars:Yabukita
◆ Picking:Machine picking 
◆ Tea grown region:Kyoto
◆ Type:Kabusecha
 

    
標高200~300メートルの山間部にある古くからの宇治茶の産
地で、京都府の南東に位置する南山城村のお茶です。
穏やかで優しい奥行きのある関西風の味わいが特徴のお茶です。
  

    
↓あわせもの↓
音楽とお茶の冬茶会 2019 お食事
『サルマーレ と ママリガ 煎茶「里の歌 」あわせ』
「サルマーレ」は代表的な肉料理として親しまれており、ルーマニア風ロールキャベツといったところです。
豚の赤身肉とラム肉を使用してさっぱりと仕上げました。
「ママリガ」はコーンミールを粥状に煮た料理です。パンが主食のーマニアですが、このママリガも同じように主食代わりに。少し固めに蒸しパンのように作りました。
    
「里の歌」はキャベツのフレッシュな香りと肉のうまみを引き出すように冷水でじっくりと旨味を引き出します。そのあとに熱湯でサッと豊かな香りを。
    
    
       
#茶茶の間アドベント茶カレンダー
#CHACHANOMA_ADVENT_TEA_CALENDER
#今年はアドベントカレンダーにあやかって茶茶の間のお茶をひとつずつご紹介します
#音楽とお茶の冬茶会
 
YAMAGUCHI