茶茶の間 Blog

CHACHANOMA_MARIAGE NOTE
「レモンの雫」×「睡蓮」 

 

 
今日は夏にぴったりの涼しげな組み合わせ
 
レモンがとじこめられた琥珀菓子
 
琥珀に合わせるお茶のポイントは”火香”をださないこと
 
火香はお茶の仕上げの時につく香ばしい香り
 
これが出てしまうと琥珀の寒天のもつ天草の香りを拾ってしまうので
 
今回はあくまでレモンにあわせて、ということで
 
ちょっと”洗茶”を
 
 
大切なのは
 
何にあわせて、どう淹れたいか、どう楽しみたいか
 
ぜひ楽しく自由に
 
。。。。。
 

 
茶葉は「睡蓮」6g。
レモンの爽やかな香りを引き立てる「睡蓮」を冷茶で。
まずは茶葉に熱湯100ccを静かに注ぎ、すぐに出します。この工程が洗茶です。サッとお湯を潜らせるイメージ。もちろん出したお茶はお飲みいただいてお楽しみください。
茶葉に冷水30ccくらいをさして3分ほど。そこに氷を100gほど。5分まったら冷やした器に。次煎は熱湯でさっと出しても。
 
______________________________
 
*煎茶「睡蓮」
静岡県の安倍川西側、丸子一帯でのみ作られている近藤早生という珍しい品種。水気を多くふくんだ優しく甘い香りが特徴です。
 
◇ 品種:印雑(近藤早生)
◇ 採取:手摘み・ハサミ
◇ 産地:静岡市駿河区
◇つくり:蒸し
 
◆ SUIREN
◆ Tea cultivars: INZATSU
◆ Picking:Hand.Machine picking 
◆ Tea grown region:Shizuoka
◆ Type:Sencha
 
「睡蓮」WEBPAGE
https://chachanoma.com/tea/suiren/
 
______________________________
 

 
*あわせもの:永楽屋さんの「琥珀 レモンの雫」
上品な香りと甘さが楽しめる大好きなお菓子です。
定番の柚子はもちろん、季節ごとに中身が変わるのでそちらもおすすめ。季節ものがでるといそいそと伺っています。こちらのレモンはお客様から頂戴いたしました。ありがとうございます!繊細な香味は煎茶との相性もバッチリです。
 
______________________________
 
 
*ご紹介した淹れ方は当店で扱う形状ものの普通煎茶を基準とさせていただいております。使用する茶葉に合わせてご調整ください。
 
#chachanoma_MariageNote
#あわせた茶茶の間のお茶をご紹介いたします
#茶茶の間日本茶ソムリエのお気にいり
YAMAGUCHI

CHACHANOMA_MARIAGE NOTE
「グラス オ ショコラ」×「秋津島」 

 
とっておきのアイスクリームにはとっておきのお茶を
 

 
濃厚なカカオのアイスにはグラッシーでハーバルな香りのお茶がおすすめです
 
香りをたたせて薄めに淹れた一杯
 
チョコレートの中の青竹を思わせるグラッシーな香りを引き立てながらカカオのスパイシーな風味によってフルーティーな香りへと変化していきます
 
 
香りで酔ってしまうような大人のアイスクリームタイム
 
これからはじまる夜が長い季節に、、、いかがでしょうか
 
 
。。。。。
 

 
茶葉は「秋津島」5g。できれば大きめのポットを用意。茶葉に冷水30ccくらいをさして3分ほど。少しぬるめ(85度)のお湯500ccを足して2分ほど。
少なめの茶葉でたっぷりと。香りの良い一杯です。低めの温度帯で茶葉の香味をしっかり引き出します。ぜひ温めたティーカップに淹れてお楽しみください。
 
 
______________________________
 
*煎茶「秋津島」
茶葉によい環境を求め標高800mの高地で栽培することにより、最高の新芽を育て、その新芽を壊すことなくお茶に仕上げる。自然と人とが作り上げた奇跡のようなお茶です。
 
◇ 品種:やぶきた
◇ 採取:手摘み
◇ 産地:静岡市葵区
◇つくり:蒸し
 
◆ AKITSUSHIMA
◆ Tea cultivars: Yabukita
◆ Picking:Hand picking 
◆ Tea grown region:Shizuoka
◆ Type:Sencha
 
「秋津島」WEBPAGE
https://chachanoma.com/tea/akitsushima/
 
______________________________
 

 
*あわせもの:ジャンポールエヴァンさんの「グラス オ ショコラ」
カカオの風味を存分に生かしたビターチョコレート。とっても濃厚な味わいを楽しめる一品です。
 
______________________________
 
 
*ご紹介した淹れ方は当店で扱う形状ものの普通煎茶を基準とさせていただいております。使用する茶葉に合わせてご調整ください。
 
#chachanoma_MariageNote
#あわせた茶茶の間のお茶をご紹介いたします
YAMAGUCHI

CHACHANOMA_MARIAGE NOTE
「蟠桃」×「桃源郷」 

 

 
本日は珍しい桃とお茶をご紹介です
 
ソムリエ北川が突然「変わった桃買った!」といって届いた一品
 
「蟠桃(ばんとう)」
 
「座禅桃」「平桃(ぴんたお)」とも呼ばれている中国原産の原種に近い桃で、座布団のような形をしています
 
仙人が住むとされる山には桃の実がなる桃源郷があり、そこで成る不老長寿をもたらす果実がこの蟠桃といわれているそうです
 
西遊記で孫悟空が食べて不老不死になったのもこの桃だとか
 
そんな背景を知ると個性的な形に何だか力強い歴史を感じるような気がいたします
 
 
そんな霊験あらたか桃にあわせるお茶は「桃源郷」しかないでしょう
 
ということで
 
異国の長い歴史に思いを馳せながらの甘いお茶の時間でした
 
 
 
。。。。。
 

 
茶葉は「桃源郷」5g。熱湯100ccを注いで30秒ほど。氷(100g)をいれたセカンドポットに淹れます。お茶で氷を溶かすようにくるくるポットを回してなじませます。
冷やしたグラスに注いでお楽しみください。
 
桃の香りにあわせて桃源郷の甘い香りを最大限にだしたいので茶葉はしっかりと開かせて。
桃のえぐみを拾ってしまいそうな渋みはなるべくださないように茶葉の量は少量で急須の傾けはゆっくりと丁寧に。
 
一煎めを淹れた時点での茶葉の開きは80%くらい。
二煎めは100ccの熱湯でさっと。
 
 
 
______________________________
 
 
*煎茶「桃源郷」
桃源郷の品種「香駿」は茎の軸が硬いため、茶葉を揉んで水分を抜くのが難しいお茶です。この桃源郷は、乾燥工程をきちんと行うことで、香駿が本来持っている香りを引き出しています。しっかりと乾燥させた茶葉からは、桃を思い起こさせる甘い薫香が立ちます。
 
◇ 品種:香駿
◇ 採取:ハサミ
◇ 産地:静岡市葵区
◇つくり:蒸し
 
◆ TOUGENKYOU
◆ Tea cultivars: Kousyun
◆ Picking:Machine picking 
◆ Tea grown region:Shizuoka
◆ Type:Sencha
 
「桃源郷」WEBPAGE
https://chachanoma.com/tea/tougenkyo/
 
______________________________
 

 
*あわせもの:豊洲市場さんの「蟠桃」
すっきりとした甘い香りがとても印象的。水々しい甘みの中に力強くも優しい桃の香りが口の中で余韻としていつまでも気持ちよく残る、そんな桃でした。
 
______________________________
.
.
*ご紹介した淹れ方は当店で扱う形状ものの普通煎茶を基準とさせていただいております。使用する茶葉に合わせてご調整ください。
 
#chachanoma_MariageNote
#茶茶の間日本茶ソムリエのお気にいり
#あわせた茶茶の間のお茶をご紹介いたします
YAMAGUCHI