茶茶の間 Blog

日本茶ソムリエのお気にいり
「レモンの雫と睡蓮」

 


 
個人的におきにいりのお菓子
 
レモンをとじこめた琥珀菓子
 
夏のおたのしみです
 
香りの良いお茶をスッキリあわせて
 
 
 
_______________
 
茶葉は「睡蓮」6gくらい。
レモンの爽やかな香りを引き立てる「睡蓮」を冷茶で。
 
琥珀菓子に合わせるお茶のポイントは”火香”をださないこと。火香はお茶の仕上げの時につく香ばしい香り、これが出てしまうと琥珀の寒天のもつ天草の香りを拾ってしまうので、今回はあくまでレモンにあわせて、ということでちょっと”洗茶”を。
まずは茶葉に熱湯100ccくらいを静かに注ぎ、すぐに出します。この工程が洗茶です。サッとお湯を潜らせるイメージ(もちろん出したお茶はお飲みいただいて)
 
あとは茶葉に少量冷水30ccをさして3分ほど。そこに氷を100gほど。5分まったら冷やした器に。次煎は熱湯でさっと出しても。
 
_______________
 
□ 煎茶「睡蓮」
静岡県の安倍川西側、丸子一帯でのみ作られている近藤早生という珍しい品種。水気を多くふくんだような芳しい甘い香りが特徴です。
 
◇ 品種:印雑(近藤早生)
◇ 採取:手摘み・ハサミ
◇ 産地:静岡市駿河区
◇つくり:蒸し
 
◆ Suiren
◆ Tea cultivars: Inzatsu
◆ Picking:Hand.Machine picking 
◆ Tea grown region:Shizuoka
◆ Type:Sencha
 
「睡蓮」WEBPAGE
https://chachanoma.com/tea/suiren/
 
______________________________
 
□ あわせもの:永楽屋さんの「琥珀 レモンの雫」
上品な香りと甘さが楽しめる大好きなお菓子です。繊細な香味は煎茶との相性もぴったりです。
 
______________________________
 
 
*ご紹介した淹れ方は当店で扱う煎茶を基準とさせていただいております。使用する茶葉に合わせてご調整ください。
 
 
 
ヤマグチ

とらやさんの「椿餅」

 

 
源氏物語にもその名が登場する冬のお茶菓子「椿餅」
 
お茶と同じツバキ科、椿の名前のお菓子に嬉しくなってしまいます
 
伝統的なお茶菓子には昔ながらの在来を、流星の華やかな香気と肉桂の香りをあわせました
 
   
◇ 流星
◇ 品種:在来
◇ 採取:手摘み
◇ 産地:静岡市葵区
◇つくり:蒸し
    
◆ RYUSEI
◆ Tea cultivars: Zairai
◆ Picking:Hand picking 
◆ Tea grown region:Shizuoka
◆ Type:Sencha
 
 
  
*あわせもの:とらやさんの「椿餅」
道明寺粉と肉桂を混ぜた生地で御膳餡を包み椿葉ではさんだもの。
   
*煎茶「流星」
流星は静岡県の山間の横沢で作られたお茶です。在来とは
品種を固定していない種から育てた昔ながらのお茶。
一本一本品種の異なる茶の樹でできているため、その土地の味わい、毎年の気候や茶畑の環境、テロワールを楽しむことができます。
   
   
   
#茶茶の間マリアージュノート
#chachanoma_MariageNote
#あわせた茶茶の間のお茶をご紹介させていただきます
 
ヤマグチ

『明治 ザ・チョコレート「発酵違い・ロースト違い」アソート』

 

 
今年のバレンタインに登場した明治さん「meiji THE Chocolate」のスペシャルな商品とっても素敵だったのでご紹介いたします。第二段。
 
明治 ザ・チョコレートの発酵違いとロースト違いのアソート
 

 
こちらも本をおもわせるケースがシックな佇まいです。
本のページのように紹介書きがあるのもいいですね
なんだかワクワクしてしまいます
 
 
「発酵」は発酵の日数が長いものと短いもの
「ロースト」は温度が高いものと低いもの
それぞれ2種類のチョコレートを味わえるようになっています
 

 
ぜひお茶を片手に楽しく”違い”を楽しめるひと時を
 
 
_______________
 
【お申し込み受付中:茶茶の間ZOOMセミナー】
マリアージュ ~チョコレート編~
https://blog.chachanoma.com/2021/01/5318/
 
_______________
 
「明治 ザ・チョコレート スペシャル」
https://www.meiji.co.jp/prod…/brand/the-chocolate/special/
 
_________________
 
 
 
ヤマグチ